メニュー

プライマリケアってしってますか?

 我が国は少子高齢化時代となり、高度先進医療をはじめとしてた医療費の高額化、さらに救急医療における医師不足、たらい回し、救急車の不適切な利用、さらに貧富の差の拡大、ストレス社会でどのように生きていくかなど様々な問題点に直面しています。
 医療機関も細分化され、専門性が高く、高度な医療が進歩する一方、患者としては、いざ自身が病に倒れた時に、一体何科にかかればいいのか不安になる事もしばしばです。
 皆さんは、以下のような問題に直面した時に頼りになる相談相手がいますか?
  • 何科にかかればわからなくなったとき
  • 予防接種が必要な時
  • 風邪をひいた時
  • お腹が痛い時
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が心配な時、または、その治療について相談したい時
  • インフルエンザになった時
  • 禁煙治療をやろうと決意したけど、どこに行っていいかわからない時
  • 皮膚科に行くか迷うけど、湿疹や蕁麻疹などが出現した時
  • 熱はないけど、なんとなく体調がすぐれない時
  • 気持ちが落ち込んでしまって、何もやる気が起きない時
  • 不眠が続いている時
  • 転んでしまい、骨折まではしていないが、出血が心配な時、または、自宅で自分で消毒して様子を見るには不安な怪我をした時
  • 自分や両親やに認知症の疑いがあるとき
  • 主治医意見書の記載が必要な時
  • 様々な科目を受診しているが、全ての受診が困難になった時
  • 総合病院に受診するために、診療所報提供を記載してもらいたい時
上記のような、日常的な医療問題に対応していく医師がプライマリケア医です。もちろん、すべての問題に、当クリニックだけで対処するのは不可能です。しかし、地域の医療機関、行政や、近隣の訪問看護ステーションなどと協力し、できるだけ患者さんやご家族に寄り添って考えていきたいと考えています。上記以外でも、疑問に思った事は何でもご相談ください。
 
 Senior Woman Talking With Black Doctor In Hospice
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME