メニュー

お子様の病気について

お子様の病気・病状について

当院では、発熱、風邪(かぜ)、頭痛、結膜炎、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)、下痢・嘔吐、腹痛、中耳炎などの症状や、以下の多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。

  • 救急科医師(武信)、小児外科医師(小沼)の対応となります。小児科専門医の受診が必要と判断した場合、近隣の機関病院へご紹介する場合がありますので、ご了承ください。
  • 生後6か月までの発熱、その他、成長・発達の相談、難治性疾患や先天性疾患などは、 小児科専門医師受診をお勧めしますので、ご了承ください。
  • 予防接種は乳幼児を含め対応しています。
  • その他不明な点については適宜お尋ねください。各医師の裁量により判断します。 

呼吸器疾患

気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺炎など

伝染性疾患

インフルエンザ、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなど

消化器疾患

急性胃腸炎、便秘など

慢性疾患

便秘、夜尿症(おねしょ)など

皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、皮膚炎、外傷、熱傷(やけど)

Young boy in red superhero cape and mask

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME