メニュー

禁煙治療にトライしてみませんか?

医師があなたの禁煙をサポートします

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。当院のサポートを受けながら、禁煙にトライしてみませんか?

禁煙外来では、医師が、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ってくれることです。禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察で相談できるので、うまく続けていくことができます。

また、条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療ができます

禁煙治療についての説明

12週間を1クールとして行うスタンダード・プログラムです。 
健康保険などを利用した場合、初診料+再診料、お薬代などあわせて1クール 

20,000円(※)程度の費用負担になります。 
(※禁煙のみを目的に、自己負担を3割負担として仮定。他の疾患の治療と同時に行った場合など費用負担が変わる場合があります。)

 

禁煙治療スケジュール

1.初診時

初回診療の時に、診察・禁煙治療について説明・一酸化炭素濃度検査(※)・内服の処方を行います。 

ニコチン依存症かどうかチェック!

ニコチン依存症のチェックをして、保険診療を受けられるかどうか確認します。

一酸化炭素濃度の測定

あなたの息に一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどれくらい含まれているか、確認します。

「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言

お医者さんと相談しながら、あなたの禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。

禁煙経験の確認とアドバイス

あなたの健康状態やこれまでの喫煙・禁煙歴をお医者さんと確認します。ニコチン切れ症状の対処法など、あなたに合ったアドバイスをもらうこともできます。

禁煙補助薬の選択

禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。

 

2.禁煙開始

内服開始後の1週間はタバコを続けても良いですが、そのころには徐々にタバコを吸いたいと思わなくなってきます。

3.通院

あとは、スケジュールに従って通院してください。毎回一酸化炭素濃度検査・内服の処方を行います。

4.最終通院

12週間でプログラム終了です!再び喫煙しないように生活習慣の見直しなども行っていきましょう。

 
 

※一酸化炭素濃度検査とは?

一酸化炭素はタバコの煙に含まれる代表的な有害物質です。 機械に向かって20秒ほど息を吐くだけでその有害物質濃度の測定ができます。 禁煙により、息に含まれる一酸化炭素濃度が減少していきますので、毎回の測定結果を比較することで禁煙の効果を実感できます。

ご予約の必要はありませんので、クリニック受付で禁煙治療を希望とおっしゃって下さい。

 

健康保険等を使って、禁煙ができます

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。

  1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  2. 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
    (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
  3. 直ちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している
 

さらに以下の要件を満たすことが必要です。

  • 前回の治療の初回診療日から1年経過していること。
  • 過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。
  • 過去に、禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、もう一度、挑戦できます。
  • 健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点 (上記)を満たしていること。
 

禁煙治療チェックリスト

以下の項目に当てはまる方は、禁煙治療で健康保険などが適応になります。早速、チェックしてみましょう!

  • Check1:一ヶ月以内に禁煙したいと思っている
  • Check2:医師から受けた禁煙治療の説明に同意
  • Check3:1日の喫煙本数  本 × 喫煙年数 年=  この数値が200以上※2016年4月より35歳未満にはこの要件がなくなりました。
  • Check4:ニコチン依存症を診断するテストで5点以上 (下の表でyesの項目が5つ以上ある方)

ニコチン依存症診断テスト

  YESNO
Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。 
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなく なることがありましたか。
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。 イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、 胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加
Q5 Q4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。 
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。 
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことが ありましたか。
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。 
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

いかがでしたか?上記の,2,3に当てはまり、Check4の項目に5つ以上該当すれば健康保険などが適応になります。

禁煙治療薬のメカニズム

今までに発売されていた禁煙補助薬として販売されているニコチン補充剤(禁煙パッチやガムなど)は、禁煙時のイライラなどが生じるのを和らげて禁煙を助けてはくれますが、ニコチン依存症の治療にはなりません。

最近発売された保険処方薬のチャンピックス錠は、まったく別の作用で禁煙の治療が可能です

チャンピックス錠は脳内にあるα4β2ニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつきタバコの離脱症状を軽減します。また服薬中、タバコを吸って ニコチンを体内に入れた場合チャンピックス錠はニコチン受容体にくっついたままなので、ニコチンが受容体にくっつくのを防ぎタバコを吸っても あまり満足感が得られなくなります。このようにしてチャンピックスはタバコを吸いたいという気持ちを抑え禁煙によるニコチンの 離脱症状を軽減しタバコから得られる満足感を抑制します。

チャンピックス錠を服用した人は「強い禁煙の気持ちがなかったのだけど、自然と吸いたくなくなっている自分にびっくりした」 と言うことがあります。今ニコチン依存症は治療できるようになりました。

さあ、一歩を踏み出しましょう!

 

禁煙医療に関する情報をご提供しています。

楽しく!詳しく!知りたい方はこちらから www.sugu-kinen.jp

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME