メニュー

皮膚疾患について

近隣に皮膚科が少ないため、対応できる範囲内の皮膚疾患の対応はおこなっています。皮膚科専門医の診察が必要な場合は、青梅市立総合病院皮膚科への紹介、近隣の皮膚科への紹介をさせて頂きます。


小児皮膚疾患
小児の皮膚は大人の皮膚に比べて薄く、外部刺激を受けやすい状態にあります。また、汗をかきやすいため細菌やウイルスが繁殖しやすく、感染症を引き起こすこともあります。必要に応じ、内服加療、外用薬処方で対処させて頂きます。

大人の皮膚疾患

アトピー性皮膚炎 じんましん、乾燥肌、手荒れ、肌荒れ、にきび、帯状疱疹、ヘルペス、肌荒れ、水虫、陥入爪、やけどできものなど、対応できる範囲の対処となります。

 皮膚疾患は、皮膚を清潔に保つ、温度調節をしっかり行うなど日ごろの生活で改善される点が多くあります。薬を処方するだけでなく、症状に合わせた生活する上での注意事項などもご説明いたします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME